記事一覧

水面にプカプカ浮かぶ、小型EV開発 川崎のベンチャーが!




新しく開発された小型の電気自動車「FOMMコンセプトOne」カプセルのような形をしている
元スズキの開発者がつくったベンチャー企業が19日、水に浮いて水上も移動できる小型の電気自動車(EV)を開発し、試作車を披露した。来年10月から、水害の多いタイを皮切りに東南アジアで販売する。将来的には日本や欧州市場への参入も検討する。開発した企業は「FOMM」(川崎市)。スズキなどで二輪車や小型EVの開発を手がけてきた鶴巻日出夫社長が、このEV開発のために昨年立ち上げた。
全長は約2・5メートル。4人乗りだが、一般的な軽自動車より小さく、車両重量も460キロと軽い。水陸両用ではないが、洪水などの非常時には24時間は水面に浮くことができ、タイヤを回転させれば水上を進むことも可能だという。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント